畠山 信行(はたけやま のぶゆき)当研究所 所長

担当授業 畠山 信行

マスター絵画/畠山デッサンゼミ/ヌード人物画/畠山・特ゼミ/素材を楽しむ新表現/自由絵画Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ/シニア初めての絵画教室/美術鑑賞を楽しむ会

1987年 若手作家を集め仙台美術協会を発足。第1回展を東京で開催。
以後仙台で10回記念展を開催。 2009年 宮城県芸術選奨受賞。現在、 仙台美術研究所主宰、 仙台美術協会代表、新現美術協会会員。宮城県芸術協会運営委員 

自然――宇宙――光 自然のエネルギーは常に動き、形を変え、絶えることがない。そして美しい光となる。 <生――死><有――無> 瞬時に生き、輝く。明日は今日ではない。見えるもの、見えないもの、すべての在ることの意味を感じながら制作している。 表現はテーマに応じ、平面、立体、素材を選択。
1973年 仙台フジヤ画廊にて第1回個展。以後、東京竹川画廊、越後谷美術サロン、
西武ギャラリー、玉屋ギャラリー、スルガ台画廊新人選抜レスポワール展などで個展中心に発表。 1984年 帰仙。 新現美術協会会員となり現在まで出品。また国際展への出品、企画等して国際交流に寄与する。

畠山信行作品2
畠山信行作品1

加川 広重(かがわ ひろしげ)

担当授業 加川広重


加川広重水彩画教室
絵画の時間

1976年蔵王町生まれ。2001年武蔵野美術大学油絵科卒業。主な発表に「巨大絵画が繋ぐ東北と神戸」、「第5回1000人のチェロ・コンサート」など。平成24年度宮城県芸術選奨新人賞。 加川 広重HP

透明水彩を用いて長年制作をしていますが、品のある色の美しさや、にじみ等で生まれる表情にはいつも新鮮な気持ちにさせられます。 透明感をいかした光や空気感は本当に心地良いものですし、水彩色鉛筆や不透明水彩を併用することで重厚な描き込みができる所も魅力のひとつです。


北折 整(きたおり せい)

担当授業 北折整



北折整絵画ゼミ

1960年東京都出身
東京芸大大学院修了
東北生活文化大学勤務/新現美術協会会員
日本グラフィック展・日仏現代美術展・上野の森美術館大賞展・宮城県芸術選奨展
他、個展、グループ展等で作品発表

私は、絵について難しいことや堅苦しいことを言ったり言われたりすることが嫌いです。 自分が描きたいものを描きたいように描くのが一番です。ただ、この「描きたいように描く」はなかなか難しい。 ですが、一見うまくいかないことにもヒントが隠れていると思いながら制作しています。 


小鯖 美保子(こさば みほこ)

担当授業 小鯖 美保子



陶芸工房

1978年岩手県出身。東北生活文化大学美術学科卒業。
2001年〜2005年 宮城県内窯元にて修行、同窯元にて陶芸教室講師として勤務。
2006年〜現在 仙台市内工房にて作陶。個展・グループ展で作品発表
小鯖美保子HP

手に取って頂いた方の日常に寄り添う器であり、こんな風に使おうか、あんな風に飾ろうか、 目にした瞬間に想いを巡らせるような作品が出来たらと日々陶芸しています。 素地には、彫ったり、削ったり、付けたりと装飾を施すことが多いです。土本来の質感や風合い、 魅力を引き出せたらと思います。 


姉歯 公也(あねは こうや)

担当授業 姉歯 公也



大人の図工教室

1957年大崎市(旧古川市)生まれ。
1984年東京藝術大学大学院鋳金専攻修了1989年よりアネハデザインオフィス開設。
主に立体造形の分野で活動。
2015年に大崎市古川にギャラリー「しあわせ美じゅつ店」を開店

自分の空想世界を雑多な知識を元に組み上げます。大事なことは常識という枠をはずすこと。 でも人間という根っこは考え続けること、です。表現のアイディアは日常に転がっています。 日常生活の見方、考え方をちょっと面白おかしくするだけで、ファンタジーは誰にでもどこにでも現れます。 

大人の図工教室

芳賀 広至(はが ひろし)

担当授業 芳賀 広至



芳賀先生の楽々絵画教室

1950年仙台市出身、宮城教育大学美術専攻科卒、42年間宮城県立の高校に勤務。
モダンアート協会、新現美術協会、他に国際展など公募展、グループ展出品166回、受賞多数。 藤崎、ギャラリー専等で個展13回

長らく抽象表現を行ってきたが迷いの連続でした。最近は風景、花、心象風景などにも丁寧な技術を持って挑戦し、それなりのレベルに到達出来たように思う。今後は改めてより深い心の世界へ届くような抽象表現を目指し、日々穏やかな心のエネルギーを保ち作品に向かっています。 


あるがあく

担当授業 あるがあく



版画の時間

版画家。2011年東北芸術工科大学卒業。
あおもり国際版画トリエンナーレ2010 ACAC賞受賞。
個展、グループ展多数。メディウム剥がし刷りなど版画ワークショップも開催。
2016年より「版画の時間」講師

木版は加工がし易く、色彩を多様に扱えるので制作の主に用いています。版に起こし紙に刷ることで、 意図しない色や形やさまざまな出来事が紙の上に表れます。 プレス機を通して紙をめくる時とてもワクワクしますし、 偶然的な表情も必然として現われていると感じます。そんな版画の力を借りながら表現しています。 


下斗米 大作(しもとまいだいさく)

担当授業 下斗米大作



日曜洋画アトリエ

1960年 新潟県生まれ 現在 二紀会準会員 河北展招待 新現美術協会会員 県内の公立中高にて美術科教員として30数年勤務 二紀会、河北展他で受賞多数(河北展では最多8回の受賞) 東京、仙台にて個展グループ展数回開催 創価大学教育学部卒業(美術教材研究専攻)

主にテンペラで制作して発表しています。静物画や風景画の形を借りて、人と自然のつながりや共生を想起させる内容を目指しています。何気ない道端の木切れ一本にも大宇宙の深淵が含まれているはず。そんなことを感じさせる表現を模索する日々です。